乗り物

ハンターカブ JA65

スパイクタイヤのバイクで冬道を走る!

フルピンのスパイクタイヤを自作しましたが、比較と温存のためボンスンのスパイクタイヤを購入しました。原付二種のハンターカブに装着して、冬道を走行しました! スパイクタイヤでの走行はどんな感じか? 夏用タイヤでの走行とスパイクタイヤでの冬道走行...
ハンターカブ JA65

ハンターカブに旭風防レッグシールド!

足の寒さを低減させるにはレッグシールド ninja400からハンターカブに乗り換えて思ったことの一つ。ハンターカブは足の前側に何もないので、足が冷える!ninja400も完全に足の前側に何か風を遮る物があるわけではないのですが、風の流れのお...
ハンターカブ JA65

[CT125 ハンターカブ] 左ミラー見にくい問題を解決

ハンターカブのミラーが見にくい、、、 ハンターカブの最大の欠点。左ミラーが見にくい。 新車購入後、何十回と調整を繰り返した左のミラー。特に左のミラーだけが見にくいのです。ベースのハンドルに付いているマウントを、でっきるだけ左に寄せて左右でで...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] 17インチタイヤの選択肢 どのタイヤが履けるのか?

ハンターカブの純正タイヤサイズ ハンターカブのJA65はフロントリヤ、同サイズですが、前後で荷重指数(ロードインデックス)が違います。JA65ハンターカブはリヤの方が荷重指数が高い。 JA55ハンターカブの純正タイヤフロントタイヤサイズ 8...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] サイドスタンドスイッチキャンセルは旧型と方法が違う

ハンターカブにはギヤが入っている状態でサイドスタンドを出すとエンジンが切れる安全装置がついています。 この装置は、スーパーカブや郵便や新聞の配達に使われるカブプロ、タイ版のハンターカブにはついていない。なぜか、日本のハンターカブにはついてい...
乗り物

バイクウェアをクリーニングに出さず自分で洗濯する方法

バイクウェアを自分で綺麗に洗濯する方法はあるのか? 汚れた上に、少し色褪せたバイクウェア バイクウェアは基本的に着ているだけなのですが、車道上の粉塵のせいで知らないうちに汚れていってしまいました。あまり気にしていなかったのですが、よく見ると...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] 外装 ボディー左のカバーの外し方

このページではハンターカブのメンテナンスに関する重要な手順の一つである、左のカバーの取り外し方法について詳しく解説しています!スムーズに作業を進めるために、ハンターカブの左側のカバーを外す際の手順や注意点についてご紹介します。さらに、ハンタ...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] 中央のパネル(バッテリーのカバー部分)の絶対に壊さない外し方

YouTube動画 : CT125ハンターカブ 中央のパネルの絶対に壊さない外し方 構造を知っておかないとツメを折る! ハンターカブの車体中央の上側のパネル。下にバッテリーが収まっているので、開ける機会は結構あります。基本的には固定してい...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] 外装 ボディー右のカバーの外し方

ハンターカブの外装取り外し!ボディー右のカバー! 見える範囲に樹脂クリップと、後ろのタイヤハウス内にプラスネジがあってそれを外すのは分かるんだけど、その後どうしていいかわからなくなる、、、カバーを手前に引っ張っても、取れそうな気配がない、、...
ハンターカブ JA65

[CT125-JA65 ハンターカブ] リヤキャリアの外し方

リヤキャリアの取外し方法 固定箇所は4ヶ所 リアキャリアの固定箇所は前側と中央の4ヶ所! 中央はリヤキャリア上面から見える2本のボルト 前側は左右のリヤショック上側と共締めになっている。前側の脚はコの字の形状で、前側が欠けている。そのため、...
ハンターカブ JA65

DIYでガチのスパイクタイヤを自作する方法

YouTube動画:スパイクタイヤの作り方! YouTube動画 : 冬のバイクツーリングは可能? スパイクタイヤの走行テスト! バイク用に制作しましたが、自動車でも似たような感じでスパイクタイヤは作れそうです。しかし、現在スパイクタイヤの...
ハンターカブ JA65

[JA65 ハンターカブ] オイル交換方法とサービスデータ

ハンターカブエンジンオイル交換用サービスデータ ハンターカブ JA65推奨エンジンオイルHonda 純正 ウルトラ G1または下記相当品JASO T 903規格:MASAE 規格:10W-30API 分類:SJ級以上ハンターカブ JA65エ...